イラスト

【優秀賞】東京コミコン2020メインビジュアルコンテスト作品

2020年12月4,5,6の3日間開催の『東京コミコン』のメインヴィジュアルコンテストで優秀賞を頂きました!

今回このコンテストへは初めての参加なので賞を頂けてびっくりしました!


出典:東京コミコンオフィシャルサイト

東京コミコンってどんなイベント?


出典:東京コミコンオフィシャルサイト

ところでそもそも東京コミコンとは?

1970年、ゴールデン・ステート・コミック・ブック・コンベンションとしてシェル・ドルフを中心に開催されたのが原点で、漫画を中心としたポップカルチャーのイベントです。 アメリカのサンディエゴでは毎年7月上旬に開催され、漫画・アニメ・ゲーム・映画と内容も拡大され、13万人以上の来場者が集まる大イベントに発展しています。
さらに、コミコンはアメリカのみならず、フランス、イギリス、台湾などでも開催され、世界中で話題となっています。
出典:東京コミコンオフィシャルサイト

ざっくりいうとアメリカ発祥の漫画(アメコミ)や映画、ゲームなどのカルチャーの大きな祭典のようなイベントです。その東京版ですね。

東京コミコンは「スパイダーマン」や「Xメン」などの生みの親、スタン・リーが永久名誉親善大使で、Appleの共同設立者のスティーブ・ウォズニアックが栄誉顧問という、アメコミ好きガジェット好きにはたまらないバックアップ体制も話題になりました。

自分はAppleが大好きでウォズもクリエイターとして大尊敬しているので、そんなとこから東京コミコンに知ることになり、今回メインヴィジュアルコンテストに応募してみようという流れになりました。(結構ギリギリでしたが…)

作品について

東京コミコンには漫画・映画・ゲームなどいろんな要素がありますが、今回は漫画(アメコミ)をテーマに絞って見ました。

いろんなコンテンツがあるにせよ「コミコン」って聞いてそんなに詳しくない人でもまずアメコミを連想するんじゃないでしょうか?(自分もそうでした)

なのでここは一つに絞って作り込む作戦で取り掛かりました。そして作品はこんな感じで仕上がりました!

今年はコロナウィルスの影響で世界中が大混乱している一年だったので、ヒーローたちが一致団結してウィルスに立ち向かうような、とにかく元気溢れるようなイメージで描いてみました。

規定サイズがA1(594mm × 841mm)だったので、いつもより大きいA3サイズで線画を描き込んでみました。

『TOKYO COMICCON 2020』のロゴもオリジナルで制作しています。

応募完了後に見返して、ちょっとアメコミの表現がベタだったかなーなんて思ってたんですが、今回めでたく賞を頂けて報われた気持ちです。

仕事の合間にチマチマ描いて良かった!笑

アメコミっぽいイラストも得意です

今回のようなアメコミ調のイラストも得意です!

単体のキャラクターデザインから今回のようなポスターアート作品まで対応させて頂けますので、ご要望がございましたら気軽にご相談頂けますと幸いです。

お問い合わせ