おすすめの本

【読書感想#5】お金の話 byひろゆき

今やその辺のおばちゃんでも知ってるインターネット掲示板「2ちゃんねる」の創設者で、「ニコニコ動画」の株式会社ニワンゴの取締役でもあるあの『ひろゆき』著の本です。

タイトルずばり「お金」に関する話ですが、いかに稼ぐかというビジネス書的な内容ではなくて、お金の本質を知ることの重要性が書かれています。

とはいえ、ゆるいひろゆきさんの文体なので、肩の力を抜いて楽に読めるので一晩で一気に読んでしまいました。

自分のようなフリーランス(個人事業主)のお金の使い方の参考にもなって面白かったです。

こんな人におすすめ
  • 漠然とお金に不安がある
  • お金をかけずに生きていきたい
  • これからどんな分野で稼げるか知りたい

なぜお金が欲しいのか?


いきなり直球ですけどそもそもなんでお金が欲しいと思うのか?

生活のためというのはもちろん大前提ですけど、生活のためにガンガン稼ぎたいってことにはならないですよね。生活費以上にもっとお金が欲しくなる心理がみんなにあるから宝くじはずーっと買われ続けているんでしょうし。

自分にとって考えてみると贅沢したいとか豪華な家に住みたいとかという欲求よりも、「自由」になりたくてお金が欲しくなるような気がします。

本書でも、つまりはお金に困る不安を解消したくてお金が欲しくなる心理について書かれています。

なるほど確かに自分もそんな気がします。(莫大な資産を持ったことがないからお金の使い道を想像しづらいのもありますが)今困らなくても、ずっと先の老後の不安を今感じてたりします。

そんな、お金と幸せについていろんな考察がゆるーく書かれています。

ベーシックインカムがもし実現したら


ベーシックインカムってご存知ですか?

最近ドイツで3年間毎月15万円が支給されるベーシックインカムの実験のニュースが話題になりましたので、耳にしたことがある人も多いと思います。

自分も最近知った概念ですが、ざっくりいうと「国民に定額が現金支給されて仕事などの利益は今まで通り自由に稼げる」という無条件の社会保障制度です。

生活最低限の所得保証が受けられると、人は生活のために仕方なくやっている仕事を手放してよりクリエイティブな仕事に向き合える、といったメリットがあります。

ベーシックインカムはなんと500年前から提唱されていた思想らしく、歴史の節目節目で議論が繰り返されているようです。

今回のまた議論されている主な背景としてはAI(人工知能)の発展により失業者が溢れかえってしまう予測があるのでその対策として注目されているようです。

もちろんタダでお金が配られるベーシックインカムには問題点も指摘されていて、メリットばかりではないので前述のドイツのように部分的に実験がされているんだと思います。

この本ではそんなベーシックインカムは概ね肯定的に紹介されていて、うーんなるほど、いいかもな、なんて思えてきます。

ベーシックインカムが実現した世界を想像してみるのも面白いと思います。

果たしてそんなにお金は必要か?


フリーランスの生き方的に本書の、お金を増やすよりも減らさない方が簡単ってフレーズが響きました。

例えば日給一万円として頑張って丸一日働いて一万円稼ぐより、余計な買い物を控えたりお酒やタバコの嗜好品をやめたりしたら1万円なんてすぐに節約できてしまいます。そして働かない丸一日の時間もできる。

いますぐどうしても一万円が必要なら仕方ないですけど、ある程度もう収入の基板ができてるなら自由な丸一日を作る方がよっぽど貴重ですよね。

お金<時間っていう考え方は歳をとるとどんどんリアルになってきます笑

そして現代はお金をかけずに楽しんだり創作活動したりもやりやすい環境・インフラが充実していますよね。

個人的にもこれからはお金をかけないと楽しめない、資金がたっぷりないとクリエイティブなモノを生み出せないっていうのはヤバイと思います。

家賃が高いなら田舎に引っ越すとか無駄なサブスクサービスを解約するとかして固定費を下げればグッと生活しやすくなります。

フリーランスの固定費を見直そう!フリーランスとして固定費は毎月いくらかかっていますか?利益を増やすためには支出を必要最低限に抑えるのが鉄則です。フリーランスの固定費削減は①家賃②車③通信費④ネットサービスの順番で見直してみましょう。固定費が少なく済むといろんな余裕が出て生産性もアップしますよ!...

まとめ

お金と幸せの関係、お金の使い方・稼ぎ方、これからの働き方など、お金の問題から世界情勢などもゆるくわかりやすく書かれています。

「お金がないから仕方なく嫌な仕事でも働く」ということがなくなればブラック企業なんかも存続できない社会になっていくだろうし、目先の利益を負って安価な粗悪品を作るからまた安い仕事が回ってくる悪循環が生まれる、などなどやっぱり創造的な仕事で満たされている世界の方はいいよなって思えました。

お金についてゆっくり考える機会にぜひどうぞ。