制作実績

ウルトラマン Tシャツデザイン第四弾『ウー』

2016年にmars16というファッションブランドの企画で、ウルトラマンのTVシリーズ全39話をいろんなイラストレーター達でTシャツのデザインを制作しました。

私が第四弾として担当させて頂いたのは第30話の「まぼろしの雪山」からウー!

ウルトラ怪獣の中では比較的珍しい哺乳類タイプの怪獣です。

一般的な認知レベルとしてもけっこうマニアックな方に入るんじゃないかなと思います。(自分は今回のお仕事に携わるまでウーの存在は知りませんでした。)

制作にあたって原作を観てみるとこれがただの怪獣退治では済まない、ちょっと胸に来てしまう物語になっていたりします。。

今回はそんな悲しき伝説怪獣、ウーのイラスト制作実績です。

ウーのイラストについて

まずは原作のウーがどんな怪獣だったのかをウィキペディアでおさらいです。

全身が白く長い毛で覆われた雪男のような怪獣。飯田山の麓の村に住む、孤児のユキ(雪ん子)が村人から迫害を受け、助けを呼ぶと、彼女を救うべく現れる。ユキの危機を救うためにのみ現れるので、行き倒れになったユキの母親の化身ではないかとされている。Wikipedia

この文章からも察するにおそらく雪男をベースに創造された怪獣なのかと思います。またこの説明でも少し触れられていますが、孤児のユキを守るために出現する怪獣で、村人たちが勘違いからユキへを迫害した際に激怒して村を襲ってしまいます。科学特捜隊が出動する事態になり、結果ウルトラマンと対峙する流れとなってしまいます。

他の回でもそうなんですが、ウルトラマンの怪獣は必ず悪意を持って出現するわけではないんですよね。正直ウルトラマンをよく知らない状態では、もっと子供向けの勧善懲悪なストーリーだろうと思っていたので、こういった考えさせられるストーリーはちょっと意外でした。

こんな背景を踏まえて描いたウーのイラストはこんな感じに仕上がりました。

この回の大きなハイライト、ウーがウルトラマンにマウントをとって首を絞めて苦しめるシーンを再現してみました。

「A PHANTOM IN THE SNOW MAUNTAIN」の英訳タイトルもさりげなく配置し、タイトルのWOOは雪の岩山をイメージしてみました。

カラーバリエーションについて

このウルトラマンコラボTシャツ企画は一つのデザインに対して3種類のカラーバリエーションを展開しています。

まずはベーシックなホワイト

続いて定番のブラック

最後は落ち着いた印象の杢グレー

バックプリントにはこんな感じでウルトラマンのロゴと怪獣の名前が入ります。

今回ウーのイラストで意識したポイントはこんな感じです。

  • ウーと一眼でわかるように特徴を活かす
  • 原作のストーリーを忠実に再現する
  • ウルトラマンの絶体絶命感を演出する

版権イラストについて

ウルトラマンはリアルタイムで観ていた世代ではないですが、怪獣の造形などすごく興味をそそられる点も多く、今回のコラボ企画は楽しんで取り組ませて頂けました。

こういった有名な作品のイラストを描かせていただくのはイラストレーターとしても大きな喜びです。

ウルトラマンファンや円谷ファンの皆様にも受け入れてもらえるよう、原作の世界観をできるだけ壊さないようにオリジナルの表現をがんばりました。

今回のようにもともと版権のあるキャラクターから二次的なイラスト制作も承らせて頂いております。(もちろん版元の許可は必須です。)もしご要望がございましたら下記リンクより気軽にご相談頂けますと幸いです!

最後までお読み頂きありがとうございました。

FLYACEに相談してみる

※このTシャツは2016年にmars16を中心に販売されたもので現在は入手困難になっております。Tシャツ購入についてのお問い合わせには対応できかねますのでご了承をお願いします。