MONSTER Exhibition2019に選出して頂きました。

選考通過にびっくりしました

春頃に資料を送ってエントリーして、すっかり忘れていたんですが、6月初旬に選考通過の連絡がありました!

公募展すらあんまり経験がなかったので、選んでもらえたというのがすごく嬉しかったです。
通ると思ってなかったのでびっくりしましたが、変な話、選考に通過しただけでも既に嬉しくてこれでいいやという気持にもなってしまいました。笑

この『MONSTER Exhibition』の存在は、実は今年に知りました。何かの検索で引っかかって、いろいろ見ていくうちに知ってる作家さんが過去に参加されていたり、この企画の発端は2011年の東日本大震災ということだったり、ぐいぐいと興味を持ちました。

また募集しているジャンルも多彩で、どんな展示風景なのか純粋に興味を持ちました。以下公式サイトからの抜粋。

”Kaiju” (MONSTER)の解釈は、アーティストに委ねています。日本独自のコンテクストを持ち合わせる”Kaiju”(MONSTER)は、アーティストの想像力をかき立てます。その想像力を存分に表現してもらうため、映像、絵画、造形、グラフィック、ゲーム、生け花、建築と、ジャンルを問うことはありません。

東日本大震災のメタファーとしてのモンスター。
モンスターはよく描いてるし、得意な分野だとは思っていたけど、表面的な要素だけじゃなくてもっと掘り下げて考えたら、自分にとってのモンスターとはなんだろう、という問いに行き着きました。

大きいアナログ作品がすごく久しぶり!

コンセプトにすごく興味を持って、選考にも無事通過して頂いた、さて作品をどうしようか!笑

普段展示作品もデジタルを出力することが多い私です。でも今回は展示スペース自体も広めで、これは手描き(アナログ)でいくべきな雰囲気です。
出展ジャンルを見ても、平面に限られていないので立体作品のインパクトにデジタルの出力が圧倒できる自信もありませんし。(自分の場合です)

手書きで描くとなったら大きい紙を額装するのはちょっとイメージできなかったので、キャンバス一択だな、となりました。
そんなに悠長にしていられる時間もないので早速画材屋さんへ。

いつも笹部画材さんにお世話になっています。品揃え豊富やし価格設定も良心的なので、関西圏にお住まいならオススメですよ!

規定サイズいっぱいのキャンバスもすぐ見つかって、最近とんと使わなくなっていたアクリル絵の具も買い足して、いざ制作に入る準備は整いました。

アナログは大変だけどやっぱり楽しい〜

今回展示スペースの規定にいっぱいのサイズだと30号のキャンバスになりました。
普段A4とかB4とかのA・B企画に慣れているので、「〜号」とか「〜つ切り」に馴染みがなくて、サイズ選びにもちょと苦労しました。

30号のFサイズで910×727mm!家で見ると結構でかく見えるけど、展示会場なんかの広いスペースで見るとちっちゃく感じちゃうのは、あるあるですね。

30号のキャンバスを制作部屋に置いて、じわじわ制作が始まりました。(とはいえギリギリまで手をつけない尻の重たさはいつもながらで、、汗)

これは下書きしてちょっと着色した時の画像です。

あれ?キャンバスに描いた鉛筆の跡(あと)って消しゴムかけたら余計に広がるやん!てか、ジェッソでも簡単には消えなかったんやっけ??

とか、デジタルで制作する前はにアクリルガッシュで制作もしてたのに、当たり前のことがわからなくなってる始末。。

果たして思ってるような絵を再現できるんかいな、と毎日絵を見ては不安に思ってました。

でも日ごと向き合ってると楽しくなってきます。デジタルだとある程度予想できる色の組み合わせも、アナログだと上手くいかない。
じゃあどうしようかと無意識に工夫もしているんだと思います。簡単いリセットできないから慎重になって、結果思うような感じにできたらめちゃ嬉しい。

感覚をつかんできたら楽しくなってきた

デジタルだとバックアップとってやり直せるし、自分の頭で想像してる色形に限りなく近く再現できると思います。
手も汚れないし、キャンバス代も絵の具代もかからない。手間がかかることが一瞬でできちゃうダイナミズムに魅了されてます。

でも久しぶりに大きいキャンバスに絵の具で絵を描いたら、筆の筆跡とか、バランスの崩れとか、手作業の面白さや迫力の楽しさを実感してます。

シャドウもハイライトも入れてないので粗いし、ちょっとの角度のズレはあるけど、個人的にかなりいい感じだと思っています。

果たして完成できるのか!?自分自身が一番気になってます!笑

また続報書かせてもらいます!

MONSTER Exhibitionの詳細はこちら。

関連記事

  1. 【2019上半期】作品が載っている本まとめ

  2. 初めてのキャンバスプリントの巻

  3. RADMIXというアートイベントをやりました。

  4. FACTOさんにてステッカーを取り扱ってもらってます。

  5. コンペについて考えてみました。

  6. 新年あめましておめでとうございます。

  7. 海外のロックフェスのポスターを描いた時のこと

  8. うまい棒 x CREATORS 2019に参加させて頂きました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP